« ホッタモモ ミックス終了 | トップページ | 冬! »

2010年10月27日 (水)

naked moon

忙しくてほっぽらかしておったが、本日下北沢へホッタモモさんのライブを見に行き、そこでマスタリング終了時にプリントしきれなかった残りの50枚のCDを手渡し、めでたくすべてが完了いたしました。

本日よりライブ会場で販売開始です。

周りでは、俺が「モモさんに夢中で忙しそう」という事になってたらしいが、夢中だったのは「モモさんの音楽」で、忙しかったのは8割方、仕事とバッティングしてたからです。
今週末を終えれば、忙しいのは主にレコーディングだけになるっす。


振り返ってみたいところですが、おそらく今のところ世界で一番モモさんの音源を聴いているので(おまけにめちゃくちゃ演奏もしているので)全然、俯瞰でとらえられないので何とも言えません。
が、いまのところ「naked moon」が一番気に入ってるような気がします。最初は「うつくしい」だったんだけどな。

あと録りだす前から言ってた「鎌倉のような音源にする」は達成できてると思います。
よけいなものはいっさい入れないとか、ここにも書きましたが、それも達成できてると自負してます。
ダビングは沢山(それも今までで一番)したけども、よけいな事はいっさいしてません。曲が神様で、曲に一番似合う服を着せてあげる....というのがワタクシのレコーディングにおけるポリシーなのです。
いい曲は裸にしてもいい曲なはずなので。

それを生かすも殺すも演者(ライブでは)とエンジニア(音源では)次第です。

この辺が理解できる人は凄く少ないのですが....
「音源が豪華すぎるとライブでそれが再現できなくて、ライブがしょぼくなる」という意見をよく耳にしますが、それはダビングする事がごまかしになってるからで、そうでなくてもライブがしょぼいのは、演者のせい(へたくそ)か、曲に演奏者が負けてるからです。でなければ、そもそも曲が良くないんだと思います。

いい曲はアレンジどうこうで糞曲にはならない。

もっと音楽を信じるべきっす。
そういうところに一歩近づけた気がする今回のレコーディングでありました。


次はハルカカナタというバンドを録ります!

めざせアイスランドサウンド!
まんまにはぜったいしないぜ!

|

« ホッタモモ ミックス終了 | トップページ | 冬! »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560237/49856940

この記事へのトラックバック一覧です: naked moon:

« ホッタモモ ミックス終了 | トップページ | 冬! »