« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月23日 (日)

Pro Tools10 !!

ProTools10が発表されましたね!



Avid | Pro Tools 10ソフトウェア — プロフェッショナル・オーディオ・レコーディング&音楽制作ソフトウェア







で1番嬉しい新機能が以下のもの。









この機能、だいぶ前に噂でキャッチしてたんだけど、これでTrimやバスでのオートメーションや、下手するとコンプすら要らなくなる可能性が....



あとオフラインバウンスはどうなんだろう?64bit対応なんだろうか?

興味は尽きない。

というかメジャーアップデート、今回は早いな~。



つーかもうダウンロード版販売しとるやん!





....25000円か。.....今レコーディング中なんだよ。ぬーーー。

Lion 対応か~ マジか~。











Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

iPadを買ったっす!

先日ついにiPhone4sが発売されたわけですが、ちょこっとだけ悩んだもののすぐに「まぁいらね~か」となったんですよ。



そのちょこっとだけ悩んだ理由っつうのは、6月頃だったかな?ワタクシのiPhone4のスリープボタンがめり込んだまま戻ってこなくなりまして(笑)保証きれるギリギリ(残り3日とかだったかと)でジーニアスバーへ持って行き、めでたく新品(というか実のところ整備品だと思われるのですが)と交換されたのですが、どーも前より充電の持ちが悪い気が....してたのですがOSを5にアップしたところ、これがより顕著になりまして。恐らくバッテリーが結構消耗してるやつに当たってしまったのかな?と。画面もいわゆる尿液晶っぽい(黄色っぽい)し変えて~かも?なんて思ってたのですが、そこに現れたソフトバンクのキャンペーンですよ。アレコレソレキャンペーン?だっけか?



ようは、月のデータ通信料が100MB以下ならば端末分割代のみでiPadが買えてしまうというやつで、すでにiPhoneを契約しているか4Sに今回乗り換える人のみ適用されるキャンペーンでして、こっちに乗った方がいいかなと。

iPadでしか使えないAppに結構魅力を感じてたとこだったのでコッチだろ、と。





そんな訳で、買ってしまいましたiPad。





普段は3Gデータ通信をオフにして、基本的に家や仕事先、駅などではWifiのみで使ってるので、これで月に払うのは端末の分割代(ワタクシは64GBなので2600円ぐらい)で収まるはず。

一月使ってみて、通信料発生するようなら、元のプランに乗り換えも可能との事なので、とりあえず必要な場面では気にしつつ3Gでも使ってみてますが、上限まで使っても元のプランとの差は500円ぐらい。ここが微妙なところなのですが、Wifi環境ゼロの人は500円絶対に高くなるので普通のプランの方がいいという事でしょう。





肝心のiPadですが、こりゃ家では、普通の用事ではまずパソコン起動しないっすね。

画面がデカイだけでここまで違うか(iPhoneと比べて)というのはもとより、なにせ起動する手間がないのはデカイ。

音楽ものではさすがにMacBookPro使いますが、ネット事はiPadだけで全然十分。というかGarageBandやMusicSutudioという優秀なAppのおかげで、簡単なデモぐらいまではiPadだけでいける....というかいける環境にしたい次第です(まだ色々追加アクセサリーは必要なのです)





という感じで、このエントリーもiPadのAppで書いてみてます。

いやーiPad便利だ。。。

Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

Rest in peace

アップルの創業者の1人、前CEOスティーブ・ジョブズ氏が5日亡くなったそうです。
apple.com


Sj_mba

ワタクシがApple製品が大好きになったのは、きっとこの人がいたからだと思います。
いろんな人が色々書いてるだろうからあまり深くは書かないですが、詳しく知りたい方はこことか読んでみて下さい。


上記のブログよりジョブズ氏の言葉を転載しておきます。


17歳の時にこんな言葉を読みました。
毎日を最後の日であるかのように生きなさい。
いつか必ずひとかどの人物になれる。

私は感銘を受けました。
それから33年間、毎朝鏡を見て問いかけました。
”今日が人生最後の日なら、今日することは自分がしたいことだろうか?”
長い間答えがノーであるときはいつも
何かを変える必要があるとわかるのでした。

そう遠くないうちに死ぬと認識することは、
大きな選択をする時に助けてくれる
私にとって他にない重要なツールです。

なぜならほとんど全てのこと−
外部の期待や自分のプライド、挫折や屈辱への恐れは全て
死に際して無くなり本当に重要なものだけが残るからです。

自分も死にゆくと自覚することは
何かを失うという思考の罠を回避する最高の方法です。
あなたは既に裸です。
ハートに従わない理由はありません。


ご冥福をお祈りするとともに『ありがとう』と言いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »