« 無題 | トップページ | ビールはキリン »

2013年5月14日 (火)

まぜる

只今、やるせなきお というバンドの絶賛ミックス中です。
ネットでやり取りしつつ、音を練り上げる。まだ全貌は見えてこないが、ちゃんと何か伝わるものが生まれようとしてる手応えは感じてます。結構久しぶりかも。

ahmeのepを去年作った時に感触としては似てるかも。

欲を言えば、あくびの歌と極東の少年という曲が好きなんで、これもいつかとりたいな。

やるせなきお は、最近珍しいんですが、歌詞が好きなバンドですね。良いんです。詩が。
NIGERUNAの庄司ソロ曲とcatchballぐらいかな?歌詞がいいなぁって思うの。


そうそう。歌詞の良し悪しって、個人的には内容とかでなく、ほんの一言だったり一行だったりの「ニュアンス」だけで好きになるんですが、これには日本語とか、英語とか関係ないのです。
だもんで、内容全くもって把握してないシンディーローパーの「True Colors」とかで泣けたりするわけです。これって皆さんあるでしょ?
なので、やるせなきお や庄司やcatchballもおなじ、歌詞の内容じゃなく、ほんの一行の並びが好きなだけだったりするわけです。なので、行けるさ〜行けるから〜とか、フェンスの超え方(これはタイトル)とか、わたしをつかんではなさない、とかでグッっとくるわけです。

奥が深いとか思ったりする訳な、5月はいつから夏になった?な日にしたためる(酔っている)

|

« 無題 | トップページ | ビールはキリン »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560237/57384608

この記事へのトラックバック一覧です: まぜる:

« 無題 | トップページ | ビールはキリン »