« Rainy | トップページ | natsu »

2014年7月16日 (水)

may

偶然の産物「梅雨EP」無事?マスタリングまで終えました。

若干トラブったんですが、その内容が、マスターをCD-Rに焼くところでノイズが乗ってしまったり、認識できないCD-Rになってしまったりというもので、マスタリングソフトを2種類変えても(マスタリングソフトではPQを打つだけで音作り等はしてません)
Mac自体を変えてもダメで(MacProとMacBookProでOSも10.6と10.8で試しました)。で最終的にディザをかけて、16/44.1にしつつPQの位置で曲ごとに書き出したものをToast(ディスク焼きソフト)で並べて(簡易的ながら曲間のクロスフェイドなんかの調整が出来ます)なんとか成功したんです。

これが原因がわからなかったのが、先日判明しましたので覚書。
因みに原因が判明してすぐに初めに作ったデータでマスターCD-Rを作り直して届けましたので、1部サンプル盤を除いてはちゃんとオリジナルのものになってます。


で原因ですが、マスタリングソフトにはCDテキストや、mp3等で出すようにアーティスト名などのタグを打つ場所があって、ここに日本語なんかを入れると文字化け(mp3タグの場合)やそもそも無視される(CDテキストの時)という感じの挙動なんですが、ここに「偶然の産物」と入れたのが問題だったようです。曲のタイトルとかは大丈夫なんですが、アーティスト名はダメらしい。
しかも、日本語でも入っていて無視される挙動な事が多かったんですが、どうも偶然の産物の文字にアウトなものが混じっていたらしく、CDとしてコンピューターで認識すらできないという…凄いトラブルに。

よってマスタリングソフトのアーティスト名や、曲のタイトルを入力する部分には要注意。
というか入れない方が無難かな。

ディスク焼きソフトとかだと(例えばXLDとか)この辺の対応もしっかり出来てるようで、一時はこっちでしのごうかとも思ったんですが、なんとか1番良い音質のものからマスターを作れたんで一安心です。

原因がわかって良かった。どうも気持ち悪い感じだったんで。

|

« Rainy | トップページ | natsu »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560237/59995309

この記事へのトラックバック一覧です: may:

« Rainy | トップページ | natsu »