« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 9日 (日)

3曲ほど

自曲をあげたので張っときます。

ずいぶん前に出来上がってたんですけど、タイトルを全く思いつかず、結局適当につけた仮題のままあげちゃいました。エレクトロニカ1曲とクラシカル調なの2曲。ほんとはこれの3倍ぐらい出来上がってるのあるんだけどタイトル不詳で上げられてません。

余談ですが先日偶然の産物の「秋冬e.p.」やっとマスタリング(は終わってたんですが)というか曲間決めとマスターを納品しました。7インチはもらえてません(笑)これで22日には確実に間に合うはず。お楽しみあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

ミックス時のプリセットの話

前回の続き。最近のミックス時の自分で作ったプリセットの話。

最近ほ、ぼすべてのトラックにかけていたテープシミュレーターをほぼやめにしましてDrをまとめたバスやVoぐらいにとどめてます。特にギターやベースには完全にかけなくなりました。理由は「何となく周りに馴染むから」でしょうか。もうちょいすっきり前へぬけたいといいますか。
コンプやEQも毎度の流行があるんですが、Vo以外はごっそりかえました。

新しいプラグインも導入したんでも、うちょい実験していけそうなら定番になりそうな感じですが、ギターベースは結構流動的でしょっちゅう変わります。

とはいってもVoだけは、まだ5年ぐらいほとんどかわってないんですけど。
(EQ→コンプ→ディエッサー→Tapeシミュ→リミッターという流れ)
上記の中でEQ、ディエッサー、Tapeシミュはブームによって、もしくは新しいプラグインなどを試したりで、ちょこちょこ変わってますが流れはずーっと一緒。ちなみにコンプはWAVES-R-Comp、リミッターはWAVES-L1でここはずいぶん変わってません。

R-Compはとりあえずコンプって時にはまずこれ、という…使いやすさと慣れってことで。L1は最終的なレベル管理ですが、ここで引っかかりすぎてるときはその前で調整します。あくまで突発的なピークを削るためだけです(稀に意図的にここでガッツリつぶすこともありますけど)

ギターは何もしなくていいなら何もしたくないんですけど(その分、アンプの音作りとマイキングはしっかりとやりますけど)混ざると調整が必要になるんで、うまくギターのおいしいとこに引っかかるEQやコンプが必要なんですが、音は千差万別なんで、弾いた人やバンドの色によって毎回変わるという。個人的には基本的にブースト系の方がしっくりきますかね?カットはウルトラローを削るぐらい。歪み系はカット方向ではEQあんまりしないです。おいしいとこを持ち上げてレベルが上がった分アウトで下げます。
クリーンはアコギに近いんですが、アコギはもっと大変で、8割方マイキングで決まります。コンプはうまくかけないとへんてこになります。うまい人でうまく録ればちょっとピークとるぐらいでOKなんですけどね。ローカットは絶対します。

ベースはもうずっと紆余曲折。個人的に基本はマイクでとった音を使うんですが、これはもういいDIを見つけたら基本ラインの音を使えればだいぶ楽になるのかな?と思います。基本はガッツリつぶすんですが、スラップとかはそうもいかない。あと歪みのベースは処理は歪みギターに近いんですが、低音感がなくならないように、かつクリーンよりちょっとレンジが狭くなるようなイメージ。いずれにせよ難しいです。キックとの兼ね合いもありますし...定番の設定もほとんどありません。

ドラムはずっと変わってないやり方として、パラレルコンプは絶対します。
バスでまとめたドラム全体をもう一つ別のバスにもまとめて、そっちはガッツリつぶします(ここはマキシマイザーだったり、ハードのシミュ的なのだったりで、どうつぶすかでしょっちゅう変わりますが)この2つのバスをミックスして使うんですが、歌の邪魔にならないぐらいの最低限のバランスでクリーンな方のバスを調整すると、どうしても抜けやパンチ感がたりなくなるんで、その分をコンプしたバスでちょこっと補う。なので私の場合は、クリーン7コンプ3ぐらいの感じになることが多いです。


と、以上最近の傾向メモ。これが今回のミックスラッシュ後にどう変わるか?
Avidのサポート体制が変わるのでProToolsを11にするのか?(今はまだ10です)うだうだ考えてるとこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

録音が終わった話

先週ついに、録音関係が一段落つきました。奇しくもmarch、やるせなきお、同じ日にすべての録音が完了(つまり1日に二つやりました)し、どちらもミックスにかかってます。 

そして本日はハルカカナタのシングルのマスタリングです。発売日(12/5)を考えると、結構ぎりぎり…なのは私の録音業務が込み入っていて予定がうまく合わなかったためで、うまくいけば10月中頃には全部終わってたぐらいのかなりの快速スピード(ハルカカナタにしては 笑)です。

とまぁ、録音関係は一段落なんですが、ミックスやら何やらでこの後一ヶ月ぐらいはMacにへばりつかないといけないことになりそうです。
今の状態を考えるとMacProを新調しておいて本当によかった。おそらくあのままだと今頃はノートでミックスしてることになってたでしょう...考えるだけで恐ろしい。

ミックスといえば私事なんですが、ここ2年ぐらいかけて構築してきたミックスにおけるテンプレート的になっていた自分で作ったプリセットを、marchのミックスからかえております。理由は…飽きたから(笑)

使い回せそうな設定は毎回保存してるんで、結構膨大な量のプリセットが各楽器ごとに沢山たまってるんですが、2年置きぐらいにやり方を変えてるんで毎回その時期の自分内の流行があるんですが、ハルカカナタで構築したやり方を今回のハルカカナタで締めくくった感じになりました。
具体的には…

以下内容が専門的になったので、次回にまわします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »