« 録音が終わった話 | トップページ | 3曲ほど »

2014年11月 6日 (木)

ミックス時のプリセットの話

前回の続き。最近のミックス時の自分で作ったプリセットの話。

最近ほ、ぼすべてのトラックにかけていたテープシミュレーターをほぼやめにしましてDrをまとめたバスやVoぐらいにとどめてます。特にギターやベースには完全にかけなくなりました。理由は「何となく周りに馴染むから」でしょうか。もうちょいすっきり前へぬけたいといいますか。
コンプやEQも毎度の流行があるんですが、Vo以外はごっそりかえました。

新しいプラグインも導入したんでも、うちょい実験していけそうなら定番になりそうな感じですが、ギターベースは結構流動的でしょっちゅう変わります。

とはいってもVoだけは、まだ5年ぐらいほとんどかわってないんですけど。
(EQ→コンプ→ディエッサー→Tapeシミュ→リミッターという流れ)
上記の中でEQ、ディエッサー、Tapeシミュはブームによって、もしくは新しいプラグインなどを試したりで、ちょこちょこ変わってますが流れはずーっと一緒。ちなみにコンプはWAVES-R-Comp、リミッターはWAVES-L1でここはずいぶん変わってません。

R-Compはとりあえずコンプって時にはまずこれ、という…使いやすさと慣れってことで。L1は最終的なレベル管理ですが、ここで引っかかりすぎてるときはその前で調整します。あくまで突発的なピークを削るためだけです(稀に意図的にここでガッツリつぶすこともありますけど)

ギターは何もしなくていいなら何もしたくないんですけど(その分、アンプの音作りとマイキングはしっかりとやりますけど)混ざると調整が必要になるんで、うまくギターのおいしいとこに引っかかるEQやコンプが必要なんですが、音は千差万別なんで、弾いた人やバンドの色によって毎回変わるという。個人的には基本的にブースト系の方がしっくりきますかね?カットはウルトラローを削るぐらい。歪み系はカット方向ではEQあんまりしないです。おいしいとこを持ち上げてレベルが上がった分アウトで下げます。
クリーンはアコギに近いんですが、アコギはもっと大変で、8割方マイキングで決まります。コンプはうまくかけないとへんてこになります。うまい人でうまく録ればちょっとピークとるぐらいでOKなんですけどね。ローカットは絶対します。

ベースはもうずっと紆余曲折。個人的に基本はマイクでとった音を使うんですが、これはもういいDIを見つけたら基本ラインの音を使えればだいぶ楽になるのかな?と思います。基本はガッツリつぶすんですが、スラップとかはそうもいかない。あと歪みのベースは処理は歪みギターに近いんですが、低音感がなくならないように、かつクリーンよりちょっとレンジが狭くなるようなイメージ。いずれにせよ難しいです。キックとの兼ね合いもありますし...定番の設定もほとんどありません。

ドラムはずっと変わってないやり方として、パラレルコンプは絶対します。
バスでまとめたドラム全体をもう一つ別のバスにもまとめて、そっちはガッツリつぶします(ここはマキシマイザーだったり、ハードのシミュ的なのだったりで、どうつぶすかでしょっちゅう変わりますが)この2つのバスをミックスして使うんですが、歌の邪魔にならないぐらいの最低限のバランスでクリーンな方のバスを調整すると、どうしても抜けやパンチ感がたりなくなるんで、その分をコンプしたバスでちょこっと補う。なので私の場合は、クリーン7コンプ3ぐらいの感じになることが多いです。


と、以上最近の傾向メモ。これが今回のミックスラッシュ後にどう変わるか?
Avidのサポート体制が変わるのでProToolsを11にするのか?(今はまだ10です)うだうだ考えてるとこです。

|

« 録音が終わった話 | トップページ | 3曲ほど »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560237/60606366

この記事へのトラックバック一覧です: ミックス時のプリセットの話:

« 録音が終わった話 | トップページ | 3曲ほど »