« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

MIDI THE BEATLES #5"When I'm Sixty-Four"

5曲目にしてやっとポールの曲。


なんといってもこの曲はクラリネット命!なかなかよいサンプル音源がないんですが、その理由にビートルズに使われてるクラシック系の楽器ってドライ(デッド)な音色が多いんですが、こういったクラシック系の音源は部屋鳴り感というかアンビ感がデフォルトで付加されてるものが多いんで、うまく感じが出ないんです。

今回クラリネットは物理モデリング音源のものを使用しましたので(デッドなのを狙って以前入手)その辺はクリア。かつオートメーションを複雑(息を入れる量とかまで)に調整できるんで、そのへんも細かくやったんですが、これもっと丁寧にやればもっとよくなると思います。今回はこの辺でギブアップ。

デッドな音と言えばチューブラーベル(途中にカンカン鳴る印象的なあれ)は上記のデッドな音源が見つからず、結局本物(楽曲自体から)をサンプリング。これStrawberry~のソードマンデルも同じようにやってます。半分反則技。

ドラムはブラシなんですが、これもジャズ系の音色ということでルーム感のないデッドなオンマイク音源がなく苦労しました。結局ダウンロード販売のチープなやつを使用しました(オーバーヘッドのマイクを完全にオフらないとなりませんでしたが….)

コピーで苦労したのはピアノ。某バンドスコアはリピートになってましたが、各パート毎に毎回違う演奏してます。グリスしたりポロロンやったり….以外と完成間近まで聞き逃しててあわてて直したり。ミックス時の音色作りもピアノが一番大変だった。結局まだちょっと妥協の産物になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

MIDI THE BEATLES #4"Dear Prudence"

MIDI THE BEATLES4曲目です。

正直打ち込みよりもミックスの方が難しいです。今回は候補曲がDear Prudence以外に2曲ほどあったのですが、いずれもミックスが思うようにいかなくてあきらめました(初期からRubber Soul辺りまでは歌がないと片方のチャンネルがすかすかなんでバランスをとりづらい )が、いかんせんジョンの曲ばかり続いてるんで次はジョージかポールのにしたいと思います。

で、この曲について少々解説。
レコーディングの最後にダビングしたとされるポールのフリューゲルホーン、これは中間部”Look around~"のところに入ってますね。フォワ〜と二回Dの音で。

メロを弾いてるジョージのギターが2本ですが、それ以外のもう一本、上記"Look around~"の部分でD、A、Dと弾いてるやつがその後メロの後ろで低音部をゴネゴネやってます。さらに最後の盛り上がり部分もドラムがなくなるまでずっといます。ジョージは計3本です。

メインのアルペジオは諸説ありますが、低音減の中域の具合から察するにJ160Eをアンプに通したものと思われます。後半ストロークになる部分は後からダビングでしょうか?ストロークのパートの直前センターでコード(C、G、D)をポロ〜ンとやってから右へパンされてるように聞こえます(これが間違いだとこのセンターのギター分、ギターの本数が増えてしまう)これは、2番に入る直前にも聞こえます(同じくポロ〜ンという弾き方)

同じストローク部分、ポールのドラムのフィルのごちゃごちゃしたところ。ここのドラムも後から録り直したのでは?と推測。ここへ入る直前、左(メインのドラムは右にいます)からチチタンぐらいですが、一瞬謎のドラムが聞こえてます。これははじめに録っていた(これをガイドにフィルパートを録った?)もではないかな?と。

同じ部分のベースも、突然謎のアタック音がコツコツいい出します。はじめはカウベルをダビングしたのか?と思ったくらいのアタック音。これはなぜ入ったのかわかりません。が、総じて最後のドラムのフィル乱れウチパートから何か趣向をこらしたのは間違いないと思われます。



といった具合に、普通に聴いてるだけでは聞き漏らしてしまう謎の音満載の曲でしたが、もう一つ。
この曲はダビング時のヘッドフォンの音漏れのかぶりの音と、ADTで振り分けた左右のダブリングと、その両方を混ぜこぜにしたような?はたまた意図的なのか不明ですが位相のあってないような不明瞭な音(上記のジョンのストロークギターがセンターでなってるときや、一番最後のコード伴奏に入ってからのピアノ)がありまして、この辺の区別と再現が、よりミックスを困難にしました。

が、何よりコーラスが印象的かつ重要な曲なので、それがないとずいぶん印象が違うもんで、そこが一番難しいとこでした。

このヘッドフォン(初期はモニタースピーカー)のかぶりと、楽器録り用のマイクへの他の楽器のかぶりは、今後もミックスの課題になるかと。
これの有る無しでステレオ版のミックスの印象は大きく変わるのです…



ということでまた次回。ただいまお仕事レコーディングもちょこちょこ始まってますんで、この企画のペースは落ちますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »