« 年明け雑記 | トップページ | MIDI THE BEATLES #10 "SGT Pepper's~/With a Little Help~" »

2016年4月 8日 (金)

MIDI THE BATLES #9 "Tomorrow Never Knows"

MIDI THE BEATLES 9曲目です。


半年ほど空いてしまいましたが、ちまちまとやってはいました。
が、なかなか納得いくものができず、レコーディングの仕事などもちょこちょこ入っていましたので、半年も空いてしまった....
年が明けて2016年になってからは結構頑張ってやってたんですが、前回のTaxmanのミックスがあまりにも適当だったんで(正直やり直してあげなおすかもです)今回は時間かけて...と思ってたら色々な曲に手を出しまくった結果、結局時間かかりまくった次第です。

この曲は何と言ってもテープループの再現が一番大変だろうなぁと、大好きな曲ではありますが手をつけずにいたんですが、YouTubeでループの原型音源が上がっているのを発見したので(↓これです)




「あ、これ使えばできるぞ」と思ったのでやり始めたんですが、実はドラムとベースが非常に大変でした。

どちらの楽器も某バンドスコアでは同じフレーズの繰り返しになっていますが、ベースは繰り返しはあってもフレーズ自体が5〜6パターンはあるし、基本的にアドリブで演奏したと思われるので1回1回微妙に違ってたりするしで、これを某スコア通りにしてしまうと曲の雰囲気自体がまるで違ってしまいます。 
ドラムは延々叩き続けているシンバルが後半に行くに従って大きくなっていったりと、抑揚がついていたり(打ち込みでこういうのを再現するのは実はかなり面倒です)音色もスネアのリムショット感はコンプで潰れて持ち上げられたものなんで、どちらかというとミックスでの処理が重要ですし(リムショットの音がいつも使っているドラム音源にないので別の音源を使ってます)、タムの変な倍音感も今時のドラム音源には入ってなかったりするんでドラムだけで3つぐらいの音源を使い分けています。

逆に逆回転のギターソロとかは意外に簡単でしたが、タンブーラやタンバリンも適当に打ち込むと全然本物っぽくならないんで...実際は適当に演奏したのでしょうけど(タンブーラはループらしいですが)適当な演奏を、打ち込むのって本当に大変なのですよ....


あと2曲ほどすぐにもあげられるぐらいまで打ち込んである曲があるんですが、ミックスが納得いくものになかなかならない。 
なので、次回はビートルズを宅録再現するためにおすすめな音源やプラグインなどについて書いてみようかと。これについては、いやはや凄い時代になったものだなぁとつくづく思ってますんで。あと、ビートルズを宅録コピーしてる方々って意外とミックスやエフェクト(ビートルズの場合はコンプが非常に大事です)に弱いのかな?と思ったりしたんで、普段レコーディングやライブのエンジニアてきなことをちょこちょこやらせてもらってる身としては、ちょでも役に立てればなと思ったので。

ではまた!

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ

|

« 年明け雑記 | トップページ | MIDI THE BEATLES #10 "SGT Pepper's~/With a Little Help~" »

MIDI THE BEATLES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560237/63456414

この記事へのトラックバック一覧です: MIDI THE BATLES #9 "Tomorrow Never Knows":

« 年明け雑記 | トップページ | MIDI THE BEATLES #10 "SGT Pepper's~/With a Little Help~" »