« ブログデザインをカスタマイズしてみました | トップページ | クリスマスソングについて »

2017年12月13日 (水)

制作環境と雑記

1年半ほどほったらかしにしている間に、実は制作環境が結構変化していたので、そのあたりのメモ的にざっと書いておこうと思う。

というのも、多分にもれず年末は何かと忙しくじっくりブログの記事を書いている暇がない。


まず一番大きく変わったのはDAWにCubaseを導入したこと。
去年(2016年)のちょうど今頃購入し、当時出たばかりのPro 9から使い始めた。

すでに先日新しいバージョンが販売され始めていていめの最新は9.5なのだが、某ユニットのレコーディング(アレンジも少々手がけている)中なのでアップデートは保留中だが、9.5では9で不満だった点がいくつか解消されるので、タイミングを見て9.5にはすると思う。

で、もともとProToolをver6.8からずっと使い続けていて、Ver12でサブスクリプション方式が導入され2年ほど年間使用料を払っていたが、期待を下回るバージョンアップしかされなかったのと、もともと不満だったMIDI周りの昨日の少なさにげんなりしてしまい今年に入って更新をやめてしまった。
といってもライセンスがなくなるわけではないので手持ちの12.7は永久に使えるのだが、MacのOSが上がればいずれ対応しなくなるであろうけども....

そのProToolsのMIDI周りの不満解消のために、実はかなり前からMIDI用に別ソフト...というのは検討していてLogicやDPやStudio Oneなどが候補ではあったが、昨今の日本の打ち込み業界ではどうやらCubaseが主体っぽい?というのと、個人的にCubaseにしかない機能で是非導入したいものがあったのが決め手でした。

のですが、その機能は今はあんまり使ってないかも...笑
cubase細かい使用感などはまたの機会にします


でMIDIキーボードをKomplete Kontrolに変えました。
これもcubaseと同じ頃に変えたんだったかな?これも先日新しいのがでましたが、うちではMaschineもKonplete kontrolも1つ前のバージョンになってしまいました...
なにかと便利なMIDIキーボードで重宝してるんですが、このキーボードのトランスポート機能もProToolsだと全く使えない。正直こういうのがProToolsは多すぎるんですよね。スペースの都合上49鍵なんですが、あと1オクターブ欲しかった....

PC周りではMac Proのグラフィックボードも変えました。
以前は標準掲載のrdeon HD5770(だったかな?)で、化石みたいなボードだったんですがGeforce GTX680(これも今となっては化石ですが)に、ロムをMac仕様にしたものなので起動時の林檎もちゃんと出ます。メモリーも前の4倍(4096MB)これで特定のプラグインの画面がカクカク問題が解消されるかと思いきや、そこはOSをSierraにするまで変わらずでした。
今は治ってるんで原因不明。

その他プラグインなどはたいしてかわってないですが、打ち込み環境が快適になったことにより音源関係がちょこっと増えました。
以前紹介したDrum TreeやSpitfire AudioのLCOとか。この辺りはMIDI THE BEATLESにはあまり貢献されてませんが、Audio Stock用の楽曲では結構使っています。

そのAudio Stockに6曲ほど本日追加、ただいま審査待ちです。
このブログもですが、Audio Stockもここ半年ほど滞っていたんですが、こだわらなければ追加できる楽曲が山のようにできていたので、ぼちぼちミックスしてアップ中といったところです。

最近ようやくBGM向けな曲の作り方がわかってきたような気がしてますが、もう年末です。慌しくなる前にあと何曲か追加したいところです!

このブログも年末までにあと何回更新できるやら...





|

« ブログデザインをカスタマイズしてみました | トップページ | クリスマスソングについて »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560237/66154771

この記事へのトラックバック一覧です: 制作環境と雑記:

« ブログデザインをカスタマイズしてみました | トップページ | クリスマスソングについて »