« Slate Digital VMRにU73b コンプが追加されました | トップページ | ごぶさたです そして近況 »

2018年2月22日 (木)

近況的雑記と、最近気になったプラグイン列挙

気づけば渦中....というかなんというか、先日2日ほどでとあるバンドの曲を1曲、パパッと録りまして、それのミックスに追われつつ、
Private Conceptの方もトレイラー的な編集をあれこれ考えつつ、
日課のストック販売向けの楽曲を1日最低1曲のネタ仕込み...に追われつつ、

などなどしてる間に本業の方も慌ただしくなってきてしまい(毎年3月,8月,12月は忙しいのですが、今年はちょっと早足)
長いネタ投稿をしてる時間がなくなってきてしまいました。

ブログを再開した時は週一ぐらいは...と思っていたのにこの有様。
しかしながら昨年のように完全放置にはしないのでたまにのぞいてやってください。

先日記した、ミックス中に試して「これいいかも?」と思ったプラグインをリンクだけでもざざっと列挙しておきます。古いのも混じっております。というかほぼ古いかも??リンク先は日本の販売代理店です。解説などはリンク先を参照してください。

Waves / Smack
トランジェントシェイパー。いわゆるアタック感やリリース感を調整できるプラグインですが、これヴォーカルのコンプとしてもいけるのでは?もしくはマスターにさしてアタック成分のヒゲだけ抑えるとか...マスターでは試せませんでしたが、ヴォーカルのコンプとしては場合によっては面白いかと。

・Waves / Schleps Omni Channel
同じくWavesからでたアンドリューシェップス監修のチャンネルストリップ。
チャンネルストリプですので、EQ、コンプ、ゲートなど一通り組み込まれているのですが、個人的に気になったのはディエッサー。使い勝手よさそうなパラメーターもですが、2ポイントをディエッシングできる点。これ結構重要。

・NuGen Audio / Monofilter
名前の通り、指定した周波数以下をモノラル化するプラグイン。
指定位置から下をバッサリでなく、指定ポイント1〜2へ向かって徐々に...というのができるところがよい。これ、レコード向けのマスタリング云々調べてたときに出てきた。モノラル化だけでなく位相補正までやってくれるらしい。

・NuGen Audio / Master Check Pro
mp3やAACなど圧縮化したときに音がどう変化するのか?を事前チェックできたりできる上、昨今のラウドネス値などにより適正なレベルを判断するのに役立ちそうなやつ。圧縮時の変化チェックといえばSonnox Oxfordから出ているPro-Codecを思い出しますが、あちらと違いこちらは基本的にはラウドネス値マネージメントがメイン。あとお値段的にもこちらの方がお安い(笑)

以上、まだいくつかありますが細かくチェックできてないし、そんな時間もないのであれですが、いずれ機会があればレビューしたいと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへにほんブログ村 音楽ブログ 宅録へ

|

« Slate Digital VMRにU73b コンプが追加されました | トップページ | ごぶさたです そして近況 »

DTM/PlugIn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560237/66421580

この記事へのトラックバック一覧です: 近況的雑記と、最近気になったプラグイン列挙:

« Slate Digital VMRにU73b コンプが追加されました | トップページ | ごぶさたです そして近況 »