« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年6月

2018年6月 1日 (金)

Spitfire Audio LABS 復活!

前回から早一月以上が経ってしまいました。
ごぶさたです。

なるべくエントリーするといいつつ、常にアンテナを張っていないとなかなか書くことは見つからないもんで、もたもたしてる間に前回書いた記事の結果が出てしまいました 汗

ということで、前回書いたspitfire audioのLABSシリーズが5/31に復活いたしました。
Spitfire Audio LABS
拙い英語力で解読した通り、いままでKontaktのフルバージョンが必要だった音源でしたが、今回から完全独立仕様のプラグインになったのでKontaktは必要ありません!
そしてなんと、無料です!!
2018年6月1日の時点ではSOFT PIANOとSTRINGSの2種類のみですが、今後増えていくものと思われます。

SOFT PIANO紹介動画


こちらはSTRINGS


まだダウンロード中なので、Kontakt版からどう変わったかなどは分からないのですが、SOFT PIANOはまんま(といっても、いままではなかったダイナミクスやエクスプレッション、リバーブといった調整機能が付いてますが)
STRINGSに関しては、新しいのでしょうか?Kontakt版の時にあったScary StringsやFrozen Stringsが大好きだったので、その辺とどう変わったのか?これから試して見たいとと思います。

今後色々追加されていくのを期待してますが、個人的にはKontakt版が閉じる寸前に買い損ねてしまった、ナイロンギターとハーモニックピアノが来てもらいたい。

Kontakt版の時に魅力だったのは、そこらにはないちょっと変り種の音源が豊富だったので、その辺も追加されるといいなと。
Plucked Piano , Peel Guitar などは今でもよく使いますしStings関係も上記に書いたFrozen StringsやScary Stringsはちょっと変わったStrings音源として大好きです(LCOと混ぜてノイズっぽい効果音などでよく使います)
ノイズっぽいといえばTrumpet Fieldsはいなたいトランペット音もさることながら、Bumble Beeというプリセットパッチは、上記ノイズ的なものとしても重宝してます。

今後、これらの変り種も含め、たくさん音源が追加されるのを期待しつつ、今後を楽しみにしたいと思いますが、Spitfire Audioの音源に全く触れたことがない人は、ぜひこのLABSを使ってみて、その音の良さや使いやすさを試して見てください。


LABS LOVE!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »