« Spitfire Audio LABS 復活! | トップページ

2018年8月 8日 (水)

SpitfireAudio LABSに音源続々追加!

さてさて、前回エントリーが1ヶ月ぶり、今回は2ヶ月ぶり....

前回書いたSpitfire Audioの新しいフリーウェア音源LABSに音源が追加されております。初回のSoft Piano、Stringsに続いて初めに追加されたのが Drums です!


LABSが単体のPlugInになる前、Kontaktベースの音源だった時から使用していた方はOllie waton Drumsを思い浮かべていただくと良いかと。

基本的には生っぽいドラムですが、アンビエンス感などが非常にうまく収録されてる印象で、とりあえずパパっと生ドラム入れときたい!って時には重宝します。
ただ、個々のパーツをマルチアウトとかはできないので、さらに追い込みたい人にはちょっと物足りない感もあります。
細かいことは後回しで、ささっと...という時にはいちいち音作りしなくてもそれなりに使える音なんで便利ですね。

メインのビートに、生ドラムっぽいループを足す...なんて時は基本的な音が出来上がってるんで重宝しそうです。


さて2つ目、つい先日追加されたばかりの音源が Amplified Cello Quartedです。


読んで字のごとく、アンプを通した...というかエフェクトされたチェロカルテットの音源で、生っぽいチェロに対してちょっとエフェクティブ、かつ変わった奏法も収録した音源になります。

個人的に所有しております、同メイカーの音源 London Contemporary Strings に入ってるような、ノイズっぽい音色なんかもあったりします。
以前のLABS音源(Kontakt版)の時の音色で言えばScary StringsとかFrozen Stringsあたりに近いでしょうか?ただ今回はチェロカルテットということで、よりピントを絞った表現ができるということでしょうか。

一応普通のチェロっぽい音色もあるので(といっても若干エフェクトはされてますが)チェロとしても使えなくはないです。
エフェクトされているとはいえ、EDMやポップス、ロック界隈の中に混ぜるぶんには通常の素のままの音の音源より混ぜやすいと思います。

以上、Spitfire Audio LABSに新たに追加された2つをご紹介いたしました。
どちらもフリーウェアですので持っていても損はなし。
といいますか、LABSの音源は巷にあるフリー音源に比べて格段にクオリティの高い音ですので、とりあえず生ドラムが...ピアノが...ストリングス....という方にはオススメです。

興味を持った方はこちらが公式のページです。
使用には会員登録後、Spitfire Audio Appをダウンロード、その後先のページで必要な音源のGetボタンを押し、Spitfire Audio App内で音源をダウンロード...という若干面倒な手順がありますが、そこさえクリアしてしまえば(今の所月に一つペースで)新しい音源が追加されます。

今後も新しい音源が追加されたらレビューしていきたいと思います!

|

« Spitfire Audio LABS 復活! | トップページ

DTM/PlugIn」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560237/67033741

この記事へのトラックバック一覧です: SpitfireAudio LABSに音源続々追加!:

« Spitfire Audio LABS 復活! | トップページ